Rock, Paper, Scissor

石紙鋏

 展覧会開催への経緯

アーティスト・イン・レジデンス事業「AIR475(エアヨナゴ)」は、2014、2015年に鳥取県内で開催された芸術祭「 鳥取藝住祭」におけるひとつのプロジェクトとして実施してきました。AIR475の企画・運営・実施は、「 米子建築塾(※1)」が鳥取藝住祭を主催するアーティストリゾートとっとり芸術祭実行委員会から委託を受けるかたちですべてを担い、米子市の文化振興を図ることを目的に実施してきました。2014年からは日本とカナダで活躍するキュレーター原万希子氏を迎えることで、米子市の歴史や自然などの資源をベースとしながらも、地域への新しい視点や価値観、また社会的な課題を問う作品をこの米子の地で生み出すこととなり、現代美術のシーンにおいても優れたプロジェクトを展開しました。

28minute boat tour with headsets at Kamgawa and Nakaumi, AIR475 2014
28minute boat tour with headsets at Kamgawa and Nakaumi, AIR475 2014
PAPER/紙:Cindy Mochizuki(2014)
Cindy Mochizuki, Paper/紙, 2014
Khan Lee, Hearts and Arrows, 2013 (projection mapping at Nakaumi , AIR475 2014)
Khan Lee, Hearts and Arrows, 2013
(projection mapping at Nakaumi , AIR475 2014)
Khan Lee, 一場春夢 Ichijyo-No Shunmu, 2015 (AIR475 2015)
Khan Lee, 一場春夢 Ichijyo-No Shunmu, 2015 (AIR475 2015)
 続きを読む...

アーティストリゾートとっとり芸術祭実行委員会は、2015年度をもって解散しましたが、AIR475は独自の運営体制を整え2016年以降も継続して実施しています。また、2016年からの運営に際しては、米子建築塾メンバーを中心にしながらも、建築にとどまることなく、様々な専門領域からAIR475プロジェクトを盛り上げていくため、新たに立ち上げた団体「AIR475(※2)」が担っています。

本展覧会のアーティスト、シンディ望月氏は、2014年度のAIR475より継続して< Rock, Paper, Scissor ⁄ 石紙鋏 >という作品に取り組んでいます。その内容は、単にアート作品として私たちの心を潤すだけでなく、汽水湖「中海」を改めて見直す機会をも生み出しています。シンディ望月氏の住むカナダのバンクーバーは、豊な自然と穏やかな海が美しい街ですが、< Rock, Paper, Scissor ⁄ 石紙鋏 >は、このバンクーバーと中海の景色が似ているという発見から始まりました。

かつて米子の表玄関としてにぎわい、「錦海」という別名を持つほどの美しい場所を、現代アートという手法で見直すことは、中海の再生や環境改善などに取り組む多くの団体にも、有意義な活動としてAIR475は認められつつあります。

また、シンディ望月氏は、AIR475を含む一連の活動が高く評価され、2015年度の映像アートやニューメディア部門でのバンクーバー市長賞(Mayor's Arts Award for Film and New Media)を受賞されています。また、2017年にカナダの「日系博物館( National Museum & Cultural Centre(※3)」での個展開催が決定し、AIR475から生まれた作品< Rock, Paper, Scissor ⁄ 石紙鋏 >を大々的に発表する機会を得ることとなりました。AIR475は、米子とカナダの関係性を深め、アーティストへの活躍の場を与えるプロジェクトとして、今後も展開していければと考えています。

ぜひ、< Rock, Paper, Scissor ⁄ 石紙鋏 >展覧会を米子市美術館において実施することで、広く市民の皆様にアートの持つ力を感じて頂き、また米子という町の自然や歴史の魅力を、アートという切り口から味わっていただきたいと考えています。ぜひ、本展覧会を米子市美術館にて実現させていただければ幸いです。

 本文内脚注一覧

※1
米子建築塾は、1級建築士などからなる建築の専門家らで構成された市民団体。平成15年11月3日結成。米子の住環境や建築文化、そこで暮らす人々の生活文化の向上と発展に向け建築活動を通して共に考えることを目的とする。
※2
メンバーは米子建築塾にも所属する6名。平成27年5月1日に「AIR475応援団」として結成の後、平成28年6月1日に団体名を「AIR475」に更新。構成人員は、来間直樹(クルマナオキ建築設計事務所)、高増佳子(米子工業高等専門学校建築学科准教授)、白石博昭(しらいし設計室)、しろえだしん(ぱてぃなでざいん建築設計事務所)、吉田輝子(キミトデザインスタジオ)、水田美世(元 川口市立アートギャラリー・アトリア学芸員/皆生の居場所「ちいさなおうち」管理人)

 展覧会概要

 展示作品の概要

< 石紙鋏 >は、劇場のように構成された会場で、ラジオドラマ、ビデオ、アニメーションなどによって展開する3部作の短編小説を観客が45分間で体験するマルチメディア・インスタレーション作品になります。< 石紙鋏 >(かみ、いし、はさみ)というタイトルは、「じゃんけん」から着想されており、日系3世のカナダ人であるアーティストのシンディ望月が2014年から2016年までの2年間の間に3回訪れ、レジデンス滞在した米子市で出会った出来事や、土地の風土や場所、その後のカナダでの調査で発見した、米子周辺からの移民のアーカイブ資料から着想を得て創作した三部作のフィクションの短編小説をもとに創り出す、ナレーションの音と映像が複雑に交差するアート作品として展開します。

物語の舞台になる、Kという主人公の働くミステリアスなレストランの空間に入るやいなや観客は、今から100年前の20世紀の初頭から、100年後の22世紀までの200年という年月を隔て、日本の米子の海岸沖から、遙か太平洋を超えた北米大陸の最西端のカナダのブリティッシュ・コロンビア州の島々を巡る空想の時空間を超えた旅に導かれます。石、紙、鋏をテーマにした3つの短編小説は、それぞれの章が20世紀初めに鳥取県の米子や境港からカナダに渡った開拓移民たちと、彼らがカナダで携わった石炭業、鉄工業、材木業といった天然資源にまつわるお話として日本とカナダのつながりの中に展開していきます。

 続きを読む...

作品の展示は、1930年代に、米子の中海に浮かぶ萱島に存在したと言われている料亭「たつみ」の記憶をたどって想像し模型化した劇場空間の中に構成されます。歴史の中に消えていってしまった、手の届かない「たつみ」という場所が、この作品の中心に置かれる舞台となり、人々はその周りを歩きながら中に入ることはできません(できるようになるかも??)。4つのスピーカーと、ビデオプロジェクションの映像で展開する3つの物語は各15分、順番にループして全45分で上映される予定です。

この作品2017年2月4日から4月30日まで「カナダの日系博物館 National Museum & Cultural Centre)」で新作のインスタレーション作品として発表されます。その後の海外巡回展として米子市美術館に提案する作品は、アニメーション、ビデオなどのビジュアルの部分は日系博物館で発表されるものと同じものを使いますが、ラジオドラマのナレーションは日本語訳の吹き替えになり、また会場の空間構成も米子でギャラリーに合わせた現地制作として検討しています。(インスタレーションおよび、映像のプランは添付のドローイングイメージをご参照ください)

中海に浮かぶ萱島(かやしま)
中海に浮かぶ無人島「萱島」。戦前に料亭「たつみ」が存在した

 オープン・アーカイブ・ルーム(仮称)展示について

作品が出来るまでの2年間で集めてきた、萱島、料亭「たつみ」、それが存在した昭和初期の米子と中海、中海を囲む周辺地域の神話、歴史、地理や風土史などの資料や、カナダ側で調査した鳥取県人会や日系博物館提供の19世紀末から20世紀初頭の鳥取からの開拓民の記録資料など、< 石紙鋏 >の背景を展示するアーカイブ・ルームをメインのインスタレーションに合わせて構成します。調査の中心になった2つの事柄、「たつみ」と、鳥取の開拓移民に共通するのは、ともに第二次世界大戦という多くの人々の運命を変えてしまった歴史的悲劇以前の記憶として、いわゆる正史として書き残され保存されてる歴史の中からはほとんど姿を消してしまっていたということです。2年の調査では、各地域のご年配の方々の遠く幼い時代の記憶の証言、小さな広告や書籍の記述などの断片を拾い集めながら、様々な人たちと共に空想をめぐらしながら< 石紙鋏 >のお話は紡がれてきました。展覧会期中、この部屋は地域の方々からの記憶、思い出、想像などを継続的に集めながら、共に新しく米子の歴史を書き加えてゆく為のオープン・アーカイブ・ルームとして市民に開かれた空間になります。展覧会中には、これらの資料と関連した地域の専門家の方々をお招きし、講演会、上映会、朗読会などのプログラムを企画します。

「米子案内」の広告ページ
「米子案内」の広告ページ(昭和9年、米子商工会議所)
“たつみ”についてKさんへのインタビューの様子 “たつみ”についてSさんへのインタビューの様子
幼少期に「たつみ」を訪れた思い出を語るK氏(前)とS氏(後)
野口雨情が米子に滞在した時の、直筆の軸
昭和11年、野口雨情が米子に滞在した時の、直筆の軸
(米子市立山陰歴史館蔵)
「向こう萱島いとしうてならぬ 沖に白波立つ中に 雨情」
黄泉平坂、島根県東出雲町
古事記のなかで、イザナキが黄泉の国から逃げ帰った時、入り口をふさいだとされる「千引の岩」(黄泉平坂、島根県東出雲町)
写真:山陰中央新報
奥出雲地方は日本古来の鉄づくり「たたら製鉄」
奥出雲地方は日本古来の鉄づくり「たたら製鉄」で繁栄した。
写真:松月HPより
南加弓ヶ浜倶楽部(アメリカ・カリフォルニア州)園遊会(1929)
南加弓ヶ浜倶楽部(アメリカ・カリフォルニア州)園遊会(1929)
写真:「北米移民120周年記念事業記録集」より

 物語の概要

< Paper ⁄ 紙 >には1960年代を舞台に、日本の海岸沖のミステリアスな島で小さな家庭料理のレストランを営むKという女性が登場します。ある晩、店じまいの直前に一人の男が食事をしたいといって現れます。そこから幾つもの不思議な出来事が展開してゆきます。Kはメニューの紙に開いた小さな穴から何かを覗き見ることになります。その男が出て行った後には、一枚の古い『呼び寄せ』の手紙が残されています。

その前編である...
< Rock ⁄ 石 >では、舞台が19世紀末のブリティッシュ・コロンビアのカンバー島の炭鉱に移ります。そこでは、他の多くの開拓移民とともに、日本からも大勢の移民が働いていました。Kはそこに戻って行き、森の中で難民を探している炭鉱夫の娘にその手紙を手渡すことになります。

最終章の...
< Scissors ⁄ 鋏 >では、舞台は22世紀にワープし、安来市にあった、たたら製鉄の工場に戻ります。Kは170歳の幽霊となって登場し、背の丈が10m以上もある、世界で一番よく切れる鋏を作ることができる巨人のとなりに座っています。Kは盲目で目が見えませんが、巨人の声は聞こえてきます。その音は、数人の労働者がたたら鉄を鋳っている音なのだと、Kは後から気付きます。最後のシーンでは巨人はKに、海で見た一番美しい記憶を教えてくれるのと引き換えに、彼女の眼をもう一度見えるようにしてあげようかと尋ねます。

 < 石紙鋏 >と米子の関係について

20世紀初頭に鳥取県の海岸沿いの地域から多くの開拓移民が、カナダの北西沿岸地域、ブリティッシュ・コロンビア州のペンダー島、メイン島、およびゴルフ島に渡り、その中からは起業家としてブリティッシュ・コロンビア州の天然資源産業の発展に寄与し成功を収める者もいました。ブリティッシュ・コロンビア州の島々を取り巻く景色—海と島の美しい海岸線、日没時にルビー色に輝く海、豊かな魚介類などは、故郷の中海で親しんでいた風景と驚くほど似ていたのではないかと想像します。移住先に、新しい「新しい楽園」を見出した開拓移民者たちは、故郷に残してきた家族や友人たちに「呼び寄せの手紙」を送り、太平洋を越えてこちらに移住し一緒にカナダで生きていこうと説得したのでした。< Paper ⁄ 紙 >の章では、実存した米子市からの移民で、メイン島の森林を買い取り、林業、材木業で成功を収めた磯島(いそじま)さんという男性が、故郷から彼に続く多くの移民を呼び寄せるために送った、「呼び寄せの手紙」を使っています。

 続きを読む...

このプロジェクトは、2014年から始めたレジデンス調査で出会い、発見していった1930年代に萱島にあった「たつみ」という料亭など米子特有の様々な史実から発想を得て展開してきました。この山陰地域に多く残っている日本の創生神話のように、< 石紙鋏 >の物語の中では、人間が大地と海の繋がりのなかで、夢と希望を持ち人生を歩んで行くことの様々な物語が織り込まれているのです。米子という風土と歴史に根付いていた物語であると同時に、フィクションとしてカナダのブリティッシュ・コロンビア州という場所との繋がってゆくこの物語を通して、私たち一人一人が生まれ育った風土との強い関わりを持ちながら遠い海を越えた世界と繋がりの中に生きているのだということを想起させたいと思っています。

この物語の中に出てくる登場人物たちは、開拓移民と呼ばれるカナダの日系一世のアーカイブや物語と素材に基づいています。第2次世界大戦前の移民の人々の日常生活—希望や野望もって人生を切り開いて成功するための可能性を信じ、リスクを負ってチャンスに賭けるという、今日では想像できないような力強い生き方を反映しているのです。そしてそれは、日本の戦前のある一時期に起こった熱狂や希望が、海を越えてカナダに渡った人々の潜在的な原動力だったのではないかと思うのです。

 2016

 リサーチ日記

写真 & テキスト:水田 美世
 2016年8月22日(月)

昨日、今年のAIR475のアーティスト、シンディ望月さんと、キュレーターの原万希子さんが米子入りされました!
今日は中海に浮かぶ無人島「萱島」への上陸リサーチです。たくさんの報道の方と一緒に、住田さん率いる中海遊覧船に乗って、徐々に萱島に近づいています。

 2016年8月22日(月)

萱島に上陸しました!

 2016年8月22日(月)

米子市長と面会させていただきました。

野坂市長はカナダの日本大使館に勤めていた経歴をお持ちで、2014年にシンディさんが初めて米子に来た際も、トークセッションを実施するなど交流を深めてきました。カナダの日系移民についてもとてもお詳しく、シンディさんや原さんと共通の知人の話なども出て盛り上がりました。

「萱島」や「たつみ」の話がミステリアスなだけに大きく取り上げられがちですが、今回のシンディさんの作品には、日系移民の歴史や彼らが従事していた産業(林業、石炭業、鉄鋼業)なども大きなテーマとされています。
移民についてお詳しい市長から、新たに『CANADA渡航記-郷土鳥取県人のあゆみ-』という書物や、鳥取県の弓ヶ浜半島(米子市と境港市にまたがる半島地域)からの移民についての研究者なども、紹介していただきました。

2017年度に予定している米子市でのシンディさんの個展へ向けて、引き続き応援していただければと思います。

 2016年8月23日(火)

本日(2016年8月23日付け)の日本海新聞に、AIR475(エアヨナゴ)招聘アーティストであるシンディ望月さんの「萱島」上陸リサーチについて掲載されました!
今から80年以上前の戦前に、中海に浮かぶ無人島「萱島」に料亭「たつみ」が存在しました。その「たつみ」にまつわる記憶や、その時代の様子についてご存知の方のお話を伺いたいと思います。当時の写真資料なども探しています。心当たりのある方や、ご存じだろうと思われる方がお近くにいらっしゃれば、ぜひお知らせください!

 090-2409-7984(みずた)
 2016年8月23日(火)

「第三の眼」オープン初日!

ダラズクリエイトボックスにて、ダラズFMの宮村めぐみさんに中継していただいた後、たくさんの方と、くうそうのきょじんを描きました。素敵なきょじんがたくさん出来ました!

 2016年8月23日(火)

中海の無人島「萱島」に戦前存在した料亭「たつみ」に、家族で訪れたことのある女性が、「第三の眼」にご来店くださいました!
たつみで出された料理のこと、建物のこと、ご家族の思い出、当時の米子の街のこと等々、たくさんの貴重なお話を伺うことが出来ました。

引き続き「たつみ」についての情報をお待ちしています。些細なことでも構いませんので、もしやと思うことあれば、ご連絡ください!

 090-2409-7984(みずた)
 2016年8月24日(水)

午前中は、再び「萱島」へ。

シンディさんの作品の資料として、映像の撮影に向かいました。
当時はどんな船で向かったのかや、人の目線はどうだったかを想像しながら撮影しました。
運転は中海・加茂川遊覧船の住田さん、撮影はカメラのカヤノの萱野さんにご協力頂きました!ありがとうございます。

 2016年8月24日(水)

「第三の眼」2日目からは、場所をわだや小路に移して、引き続きワークショップ & 情報収集を実施しています。
今日もたくさんの方にご参加いただきました(^-^)/

 2016年8月25日(木)

「第三の眼」は本日も12時~17時まで開店しています。

夏休みの自由研究として私たちのプロジェクトを取り上げ、店内で完成させた小学生もいました!
また、一度自宅に帰り、年配の家族に話を聞いて来たと、再訪される方もちらほら。「萱島」 & 「たつみ」のリサーチの輪が着実に広がっています。

 2016年8月26日(金)

「第三の眼」4日目。

午前中は、昭和2年生まれの男性にお話を伺いました。かつて中海の「萱島」の「たつみ」をお父さまと訪れた夏の思い出をお話してくださいました。
萱島について書かれた新たな文献も、出てきました!

 2016年8月26日(金)

本日も12時から17時まで「第三の眼」がオープンしています。場所は米子市麹町のわだや小路です。入り口の大きな眼が目印!
「くうそうのきょじん」を描きに来てくださいね。

 2016年8月26日(金)

シンディ望月さんの「第三の眼」4日目には、テレビのインタビュー取材も入りました。

今回のプロジェクトについて丁寧に取材してくださり、ありがたい限りです。
放映は9月に入ってからとのこと。決まり次第お知らせします!

 2016年8月26日(金)

「第三の眼」4日目も、たくさんの参加者に‘くうそうのきょじん’を描いていただきました!ありがとうございます。

夕方には、米子市の地域おこし協力隊である「ゴロ画伯」こと松村さんの紙芝居も上演!シンディさんと調査している「萱島」に程近く位置する「粟島」に伝わる不思議な物語に、みんなワクワクドキドキ。とても賑わいました(^-^)

 2016年8月26日(金)

「第三の眼」4日目には、米子市山陰歴史館にて資料調査も実施。

日本海新聞に今回のAIR475のリサーチが掲載されたことで、市民の方から情報を寄せていただけることが多くなり、ありがたいことです。
大正から昭和初期に活躍した詩人、野口雨情による直筆の軸で、「萱島」について書かれたものを所有していたという男性からご連絡いただきました。つい2週間ほど前に、山陰歴史館に寄贈したとのことで、その軸を閲覧しに出掛けました。

軸には、「向こう萱島 いとしうてならぬ 沖の白波 立つ中に」と唱われています。

昭和11年ごろには野口雨情が米子に滞在していたことが分かっており、「たつみ」が存在していた年代とも重なります。唄の「いとしうてならぬ」という言葉に、「たつみ」との関連性を感じています。

 2016年8月27日(土)

今日は「第三の眼」最終日!

12時30分ごろから、シンディさんと原さんが、サーモンやカナダ風スイカサラダ(?!)やパンケーキなどを手作りして、皆さんに振る舞って下さいます!
たくさんのきょじんが集まったお礼と、「萱島」リサーチのお礼とのこと!ぜひ皆さんでお誘いあわせのうえ、ご参加ください(^-^)

場所は、わだや小路(米子市麹町1丁目10)です!

 2016年8月27日(土)

シンディ望月さんと原万希子さんが、カナディアンスタイルの手料理を振る舞ってくださいました!

シンディさんお手製のスイカサラダは、オリーブオイル、バルサミコ酢、チーズ、ミント入り。はじめての味でしたが、とってもおいしかったです。シンディさん、原さん、ご馳走さまでした!

 2016年8月27日(土)

「第三の眼」最終日は、会期中唯一の休日ということもあり、たくさんの方にご参加いただきました。

お陰さまで、彩色バージョンとモノクロバージョンの‘くうそうのきょじん’が、計100点以上も集まりました!ありがとうございます。

このきょじんたちは、シンディさんと一度カナダへ渡り、シンディさんがつくる作品に全ての要素が盛り込まれます。2018年の米子での個展の際に、再び米子に帰ってくる予定です。お楽しみに(^-^)/

 2016年8月27日(土)

「第三の眼」クロージングの後は大山へ。

鳥取藝住でご一緒している大山チーム企画の「大山ワワワ祭り」に参加してきました!

シンディさんも原さんも大漁旗の衣装で踊りの和に加わり、楽しい一時を過ごしました。
♪だーいせーんわーのわのわーわー、というフレーズが頭の中を巡ります~。

 2016年8月28日(日)

午前中には、「第3の眼」番外編として、米子市皆生にあるNPO法人あかり広場の創作活動の時間に”くうそうのきょじん”を描くワークショップを実施させていただきました。

普段の創作のエネルギーそのままに、素敵な作品がたくさん出来上がりました!ありがとうございます。

シンディさんの作品のどんなふうに活かされていくのか、とっても楽しみですね。

 2016年8月28日(日)

米子滞在の最終日。午前中には、大山町の「まぶや」、米子市淀江の「ギャラリア大正蔵」へ出掛けました。AIR475と同様、鳥取県西部でアーティスト・イン・レジデンスを実施してきた団体の拠点をぐるりと巡りました。

2018年頭に米子で予定しているシンディさんの個展に時期を合わせて、大山ではアニメーションのワークショップを実施するかも…?また、ギャラリア大正蔵のオーナー石原奈津子さんのお父様が、山陰地域の鉄の歴史について執筆された本、その名も『鉄』を入手することが出来ました!

シンディさんの作品や活動が米子からその周辺へもさらに広がっていきそうです。引き続きご期待ください。

 2016年8月28日(日)

滞在最終日の午後は、お隣の島根県へ。

まずはたたら製鉄の歴史をリサーチしようと、安来(やすぎ)市にある和銅博物館にて情報収集しました。江戸時代まで日本最大の製鉄産業地帯として栄え、昭和初期まで中海から船で全国に鉄を運んでいたようです。中海はたたら製鉄を支えた玄関口だったと言えます。館内には、直に日本刀を持てるコーナーもありました!

さらに、東出雲(ひがしいずも)町にある「黄泉比良坂(よもつひらさか)」へも足を伸ばしました。ここは、現世(この世)と黄泉の国(あの世)の境目として古事記に伝わる坂です。坂の途中には「伊邪那岐命(いざなきのみこと)」と「伊邪那美命(いざなみのみこと)」が最後の言葉を交わした場所として、大きな石「千引石(ちびきいし)」が大切にまつられています。

とはいえ、天気は大荒れ。残念ながら車中からの見学になりましたが、霊力の強いシンディさんにはいろいろと感じられた(?!)ようです。

 2016年8月28日(日)

午後8時の飛行機で米子空港を後にした、シンディさんと原さん。濃厚で充実したリサーチ&ワークショップをご一緒することが出来ました。ありがとうございます!

2017年2月~4月には、今回のリサーチを元に、カナダの日系ナショナル博物館にて個展が開かれ、2018年1月~3月には、その巡回展として米子にて個展を実施する予定です。

素敵な展覧会になること間違いなし!ご期待ください。

 2015

Being keen editing

 2014

Being keen editing

 2013

Being keen editing